So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

珍客襲来です。【その8】 [中国~鉄道]

その7:白昼堂々と本線上を足の遅い事業用車(!?)がトコトコと走行
https://https://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2018-07-17

今日は一人で武汉(武漢)に出張です。 眠い目をこすりながら高速鉄道のホームで动车(速度が遅いD列車)の到着を待っていたところ遠く離れた在来線ホームに見慣れない車両が入線してきたのを目撃して一気に目が覚めました...

IMG_7762.jpg
本日の車両は地元では珍しいCRH3A。 これはこれで珍客ですが。

仕事なのでカメラは持ってきていません。 帰宅後に列車予約に使うC-Tripで検索しましたが該当する列車はありませんでした。 黄緑色のアレは試作車か何かなのかなあ... 

Honeyview_DSC_9656.jpg
コレじゃないです。

という訳で確認のため休日の朝早くから自転車に乗っていつもの高架橋へ出撃します。 気になるあの車両は来るかなあ、空振りだったらイヤだなあ、と思いながら待っていると、







DSC_9555n.jpg
先頭の中国国鉄のマークがジオン国章に似ているところもミソです。

ジオン軍のモビルスーツのような列車キター!!! 

そして5分後、

DSC_9550.jpg

          なぜかまたキター!!! 

最初に遠くから見た時は「 緑色のTGV 」くらいとしか全体の輪郭が分からなかったのですが画像を元に百度百科で調べてみるとCR200J動力集中動車組であることが判明しました。 TGVと同じく編成の両端の車両だけが動力車になっている動力分散式駆動です。 百度百科によれば2018年4月にデビューして2019年1月時点では定期列車として北京と南京・杭州を結ぶ列車に充当されているそうで、改めてC-Tripで検索範囲を拡げて調べてみると地元駅には姿を現しますが残念なことに客扱いはしないようです。 でもどうして連ちゃんで来るんだろう???

上海モーターショーです。 [中国~本日のイベント]

隔年で開催される上海モーターショーに行ってきました...

DSC_0034.jpg
「 あー、今日もすごい人だわ 」と見ているのでしょうか。

前回上海モーターショーの開催を知った時は既に入場券のネット販売が終わって涙を飲みました。 今回はサクッと入場券を購入したのですが毎年通っている無錫のモーターショーが30元(510円)に対して上海は100元(1700円、ちなみに平日は半額)とかなり強気です。 価格差が回収できるかな?と思いながら上海に向かいます...

DSC_9850.jpg

入口でネット購入した入場券の展開方法が分からずまごつきましたが10時前に会場内に入れました。しかし安堵したのもつかの間、次から次へと人がやってきます。 上の写真はピークと思われる午後3時頃の写真です...

会場の上海国際会展中心は二階建ての建物が四棟あります。 初めての場所ということもあり行きたい所に行けなかったり、同じところをグルグルまわったり結構足に厳しかったです。 係員の女性に地図を見せて「 ココに行きたいけど 」と尋ねても「 下楼(下に降りろ) 」と不愛想な回答をされ「 これなら人は要らない!! 」と憤慨しながら会場内を行ったり来たりしましたが、結局帰る段階になってもドコに何があるのかわかりませんでしたw

DSC_0037.jpg

日本では販売が終了されたトヨタベルタは中国ではVIOSと改名して販売中です。 コレは四代目になるのかな? 代替わりをしても良い車です。 逆輸入をして日本でも販売してくれないかな...

DSC_9846.jpg

南京や無錫ではコンセプトカーなどの未来車の展示はあまりなかったと思いますが上海ではバンバン展示していました。 次世代は蓄電池車だ、中国の車が天下取ったるアルヨ、という気迫が地場メーカのブースではビシバシと感じられました...

Honeyview_DSC_9735.jpg

完成車メーカを訪れる人が多いのですがトラックなどの商用車や部品メーカが出展している建物はひっそりとしていましたが自分としてはソコが楽しい。 そんな棒日系部品メーカのブースでマクラーレンMCL33が展示されていました。 中国語で「触るのはご遠慮ください」と掲示がされていますが皆バシバシ触っています。 識字率が低いのか或いは外国人が多いのか不明ですw

メイン(←おい!!)のコンパニオンさんは午前中は殆どいなかったのですが午後からチラホラ出てきました。 しかし人数は少なめで服装も地味です。 同業者は分かっているのかデジカメ持参の人は少ないです。 前述の通り会場が広くてどこにどの娘が出ているのが掴むことが難しく、多くは一発勝負になりました...

Honeyview_DSC_9794.jpg

正直言ってまともに撮れたのはコノの写真くらいでした。 大金を払ったのに収穫が僅かしかないので帰ってから頭を抱えました...

Honeyview_DSC_9866.jpg

Honeyview_DSC_9923.jpg


DSC_9998.jpg

髪を振りかざしてバイオリンの生演奏。 彼女も一回しか見ませんでした...

顔出しはしませんが、

DSC_9856n.jpg

  腋の処理をしていないコンパニオンもいました。  

こんなのってありか? 中国だからアリか? 誰か注意しろよ!!

DSC_0033.jpg

五時を回ると人も少なくなり、このような光景を見ることができます。 でも入場料100元と往復の交通費を払ってコレではコスパがかなり悪いです。 第一の目的であるコンパニオンさんの写真を撮るには無錫や南京と比べて見劣りがするので(←結局の判断基準はココ)、上海に行く別の用事と絡めるとか平日に行ければ話は別ですが、単独で再訪する可能性は低いかな...

今年も無錫に花見に行ったのです。 [中国~ちょい旅]

いろいろ忙しく更新が出来ませんでした...

DSC_8112.jpg

【昨年の記事】
 https://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2018-04-01
 https://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2018-04-01-1

今年も客車列車に乗って江蘇省無錫市の黿頭渚に桜の花を見に行きました。 列車を牽引するHxD1Dは前のパンタグラフを上昇させています。 通常は後ろのパンタグラフを上げて走行するのですが珍しい...

DSC_9121.jpg 

昨年と同じ3月31日に行きました。 昨年は結構花が散っていたのですが、今年は春の訪れがチョッと遅くちょうど見頃になっていました...

DSC_9178.jpg

桜吹雪が舞う中で撮影しますが人が多すぎ...

DSC_9192.jpg

日本の花見は樹の下にビニールシートを敷いてお弁当を食べたりお酒を飲んだりしますが、中国ではお弁当はともかくお酒を飲んでいる人は見ません。 道をひたすら歩いて時々写真を撮ってというのが普通のような気がします。 桜ではなく人を見に来た気分です、入場券を買うのに30分近く掛かりました。 ちなみに会場の入場料は90元(1530円)です。 た、高い...

DSC_9438.jpg

キレイな光景を撮ると気分が和らぎます。 というわけで桜を背景に撮影している女の子も撮影してきました。 コレのために90元+交通費を払っているようなものです...

DSC_9332ss.jpg

Honeyview_DSC_9359.jpg

DSC_9527n.jpg

DSC_9376n.jpg

本記事の4枚目のお城のような場所の周囲で多くの人たちが撮影していたのですが、撮影に夢中になって危うく帰りの列車に乗り遅れるところでした...

中国と日本の往復航空券の価格です。 [中国~ちょい旅]

今年の年末年始は日本に戻りました・・・

DSC_2409.jpg
中国南方空港の機内食で出されるピーナッツ かわいい。

昨年の12月30日の深夜に日本に帰国して1月2日の朝に出国をしました。 繁盛期に行き来するので仕方が無いのですがココ最近は料金が高くなり往復で43,000円を支払いました。 時期によってバラツキが大きくて昨年家族が中国に来たときは一人3万円で済みました。 ちなみに2月の春節休暇にも帰国するのですが、日程をずらしたのにも関わらず10万円も支払っています。 ちなみに会社が負担をするのは年1回だけで、10月の国慶節休暇で権利を行使してしまうので・・・

         全て会社が負担をしてくれないかなあ・・・   

貯金が出来れば大口径レンズが簡単に購入できますので・・・

中国高速鉄道の座席予約です。 [中国~鉄道]

以前、駅の窓口では窓側/通路側の指定ができないと記事にしましたが・・・
→ https://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2018-02-08

中国滞在2年目にしてやっと「支付宝(ありぺい)」を導入しました。 まだ複雑な事は出来ませんがスーパでの支払いや知人同士の金銭の支払いがキャッシュレスで出来るので非常に便利です・・・

IMG_6965.jpg

念願だった鉄道の予約も【 C-Trip 】を間に挟めば出来るようになり、窓口で購入する場合は5日前の切符しか買えなかったのが25日前から買えるようになりました。 家族の分も登録をすれば手配することが可能です。 窓側/通路側の指定も出来ますが欲を言えば号車番号の指定が出来るといいなあ、

     あの事故を思い出すと心理的には先頭車には乗りたくないので・・・ 

中国の駐車違反の取り締まりです。 [中国~日常生活]

仕事や中国語教室などが忙しくて原稿を落としました・・・

ランキングに載ったよ.jpg

たまたま見たらSo-Netブログの「人気急上昇」で紹介されていました。 頑張らないといけないと思う今日この頃です。

さて中国に滞在している間は車を運転する事が無いので交通違反には無縁と思いきや、日本に滞在している僅かな期間に痛恨の違反をやらかしたりします。 一時期ゴールド免許を所持していたのがビシバシ違反をやらかしてしまい実に情けないやら悲しいやらw

中国でも日本と同様にちょくちょく取り締まりなどをしています。 印象に残っているのは夏の社員旅行でバスをチャーターして高速道路に乗ったところ料金所を出てすぐに警察に停められて警官がバスの中に乗り込んできました。

     ついにスパイ容疑か何かで捕まるかと思いましたw  

実際はバスの乗客もシートベルトを着用しているか確認をしに来たのですが、あー心臓に悪い。


さて本題、中国語教室を終えてトボトボとバス停に向かって歩いていると駐車違反の取り締まりをしていました・・・

IMG_7121.jpg

「 駐車違反だよ。カギを掛けたから外してほしかったら係員に電話してね[黒ハート] 」と運転席側の窓ガラスに貼り紙が貼ってありました。 そして・・・

IMG_8412.jpg

車のホイールに頑丈なU字ロックをしてありました。 余談ですがこのあたりの乗用車はアルミホイールの装着率が9割以上はあります。 U字ロックが使えない鉄チンホイールの場合は諦めるのでしょうか?

よく見るとアルミが傷つかないよう緩衝材を巻く気の遣いよう。 ここまでするのなら、

           もっと他の事にも気を回してほしいですw 

蘇州山塘街です。 [中国~ちょい旅]

『めんつゆ』購入後、帰りの列車の出発時刻まで山塘街をウロウロしました・・・

DSC_7558.jpg

山塘街は古い中国の街並みを再現した観光地です。 蘇州駅から地下鉄で1駅のアクセスが良い場所にありました・・・

DSC_7561.jpg

モミジがキレイです・・・

DSC_7574.jpg

夜には提灯に灯がともされ幻想的だとか。 暖かくなったら三脚を使って長時間露光をしてみますか・・・

DSC_7610.jpg

水路があちらこちらにあります。 水路の幅がギリギリですが目測を誤って壁をこすった、ってコトがありそうですネ・・・

DSC_7631.jpg

気にしていないと見過ごしてしまう獅子(?) これ一体だけと思いきや後で調べたら複数存在しているとか・・・ Σ( ̄ロ ̄lll)

DSC_7598.jpg

ケンタッキーがオープンした模様ですが、カーネルサンダースの看板が無いとわかりません。 日本でも古い観光地に出店する店は雰囲気を壊さないようシックな外装にするのと同じですネ・・・

DSC_7601.jpg

「 おらおら姫のお通りだーっ!! 」 漢服を着た娘たちはあちらこちらにいました・・・

DSC_7596.jpg

いつかはこんな車に乗って注目を集めながら優雅に観光をしたいです。 写真では分かりにくいのですが観光客は京都並みに多く混んでいるのに電動バイクが警笛を鳴らして次から次に猛スピードで走っていくから雰囲気ぶち壊し・・・ ヽ(`Д´)ノ

DSC_7577.jpg

どれくらい混んでいるのか伝わりにくいので「 うへえー、人大杉なのに食べ歩きすんな!! 」と思った場所でD7500を頭上に掲げて撮影。 ライブビューのAFがもっと速くなればいいのに・・・ (´・ω・`)

DSC_7639.jpg

メインの通りからチョッと外れると埃っぽい場所などがありました。 SIGMA17-70のカリカリな描写がマッチします・・・

DSC_7646.jpg

最近ちょくちょく通っている無錫南禅寺は少々洒落た雰囲気ですが、蘇州山塘街は私がイメージしていた昔ながらの中国の光景が残っていました・・・

菜市場で新鮮な卵を購入するのです。 [中国~日常生活]

前回日系スーパの話をしましたが、自炊用の食材は『菜市場』で購入しています・・・

IMG_6704.jpg

小売業者が集まる『菜市場(つぅあぃしーちゃん)』の存在は知っていましたが、中国語ができない私はココで買い物をする自信が無くてスーパーばかり行っていました。 しかし中国語の先生と一緒に行って以来、素晴らしさに気付いて休日の朝に20円の肉まんをかじりながら毎週通う場所になりました。 市場の人たちからは、

       ヘンなヤツが居ついちゃったな!?

と思われているでしょう ← まるで野良イヌ扱いwww 

というわけで市場に入ると顔なじみの店をグルリと回り、複数の店からチビチビと買っていくというコトをしています・・・

おばちゃんが「 23元 」と言ったように聞こえたので23元を渡すと、「 違うわよ、13元!! 」と怒られ10元札を投げて返されることもありましたが、顔なじみになると少ししか買っていないのに万能ネギを持ってけと渡されたり、サトイモ4個だけというような少量の買い物をしたら面倒なのか1元(16円)でいいよ、とサービスをされたります。 昔の日本の八百屋もこんな感じだったのかナ・・・ 

IMG_6704 (2).jpg

スーパーで食材を購入する場合いくらで量り売りをしたのかレシートを見れば分かりますが、菜市場ではレシートが出ないので分かりません。 感覚としてはスーパよりも高い気がします。 しかし中国のスーパはどちらかと言えば乱雑に商品を扱い、傷んでいる商品も平気で陳列したりするのが普通ですがココでは大事に扱っています。 鮮度も凄く良いと感じます・・・ ←ココ重要

      ますますスーパでは買えません・・・ 

さて、本題。

これまで卵はパックに詰められたモノをスーパーで購入していたのですが新鮮な卵が買えないのが悩みでした。 梱包日から5日程度経過したのはまだ早い方、ひどいモノは1ケ月近く前の卵が平気で売られています・・・

IMG_6980.jpg

菜市場の中をウロウロすると店舗を構えず、床に食材を並べている人もいます。 その中で卵をザルに入れて、いかにも産みたてホヤホヤの卵を持ってきたような人がいました。 鮮度は間違いないはず!!と購入し、早速割ってみると白身と黄身の張りが素晴らしく思わず卵がけご飯にしたくなる衝動にかられますがココは我慢します。 言い忘れましたがココで買う卵は基本的に洗浄されていないので調理する直前に水洗いをします。

サイズがバラバラですが、価格は11~13個で10元(160円、スーパは10個パックで12元程度)といったところ。 日本と中国の物価差を考えると卵は高いなと思われるかも知れませんが日本の卵が安すぎると思う今日この頃です・・・

中国の永旺梦(イオン)としんせん館です。 [中国~日常生活]

突然ですが日本から持ってきた『めんつゆ』が無くなり食卓がピンチですw

IMG_7112.jpg

自炊をやり始めた2年前は使う事が少なかったのですが最近になって多用するようになった結果、あっという間に無くなってしまいました。 次の帰国まで1ヶ月以上もあるので「 こりゃ無理だな 」と思い輸入品を多く取り扱う地元の高級超市(スーパ)に行ったのですが日本直輸入のつゆが300mlで31元(500円)って高い!!

DSC_7547.jpg

というわけで蘇州に出かけたついでにイオン(永旺梦)に行きました・・・

DSC_7550.jpg

店内に入るとこんな感じ。 言われなければ日本のイオンと思ってしまいます・・・

IMG_6698.jpg

館内案内図も文字が中国語である以外はイオンのまんまです・・・

IMG_6697 お客様の声.jpg

お客様の声もありました・・・

IMG_6696.jpg

本命のめんつゆを探すために食品売り場に行きます・・・

IMG_7140.jpg

日本のイオンでもおなじみ『特慧优(たぁふぃよぉう:トップバリュー)』です・・・

IMG_7141.jpg

400ml入りのめんつゆがありました。 価格は28元(450円)と地元のスーパの直輸入品よりも少々安いのですが聞いたことの無い上海の会社が製造しており購入を控えました。 後で考えると日本で安く売られている食品にも海外製が結構ありますね。 販売者の表記だけで製造元が表示されていないから気付かないかも知れませんが・・・

IMG_6704 中国イオン (1).jpg

店内をグルリと回ります。 地元にある中華資本のスーパや小売店では店員の多くが暇そうにスマホをいじったり会話をしているのが日常の光景なのですが、イオンの直営売場では殆ど見かけませんでした。 相当しっかりした教育を施しているようです。

イオンでの調達を諦めて他にめんつゆを販売していそうな「しんせん館」に向かったところ問題が発生しました・・・

IMG_7144.jpg

目指すお店は高い壁に囲まれた住宅街の中にありました。 中国の比較的新しい住宅街はこのような所が多く、出入りをするには守衛所を通らなくてはいけません。 私が住んでいるホテルより厳しいですw 侵入を試みようとグルリと回ったのですが人が通れそうなスキマはありませんでした。

以前の私ならあきらめていましたが「 イチかバチか!! 」と警備員に近づきカタコトの中国語で「请问,我想去这个商店。( すみません、ここの店にいきたいのですが )」とスマホの地図を見せてお願いをします・・・

 勉強を始めて3ケ月なのですが、カタコトの中国語が通じました!! (v*'ω')v

受講料8,750元(14万円)を払った価値がありました。 刘老师谢谢w

IMG_7146.jpg
小さくても人の出入りが結構あります。

店の規模が小さくて(失礼)チョッと拍子抜け。 400mlのめんつゆがありましたが某日中合弁企業の製造で価格は31元。 買うのを止めようかと思いましたが、ココまで来ておいて手ぶらも何ですので一瓶購入します。 え、高速鉄道の運賃を含めると割に合わないって? ファッションショーを撮ったり、この後に観光を予定しているので問題は無いのです。 でも、

めんつゆ一本のために結構時間が掛かり、当初の目的を見失うところでした・・・

あまり知られていませんが中国で売られている醤油は薄かったり、甘いマヨネーズがあったりします。 開封するまでチョッと不安です・・・

蘇州のファッションショーでD7500のAF補足力のテストです。 [中国~本日のイベント]

苏州品牌博览会(蘇州ブランド博覧会)に行ってきました・・・

DSC_E7345.jpg

蘇州の企業が展示場に集い、自社製品の宣伝を行います・・・

XDSC_7542n.jpg

蘇州は古くから繊維産業が盛んで今でも一大産地となっています・・・

DSC_E7311.jpg

ですので蘇州で大掛かりなイベントをやる時はファッションショーも行われるようです。 

どうせ行くのならお姉さんが撮影できる時に行きたいと考えるのは必然的な流れですが、開催日程をWebで調べてみましたが分からなかったので適当にあたりをつけて出掛けました・・・

DSC_E7436.jpg

ショーは午前10時40分頃から始まりました、と書くのはフラリとステージの方に向かって歩いていたらショーが始まっていることに気付いて慌てて駆け付けたからです。 観客はギッシリいるかと思いきや設置された椅子は半分も埋まらずに閑散としています。 おかげで遅れて参戦したのに比較的好条件の場所で撮影することが出来ました。 折角の華やかなイベントなのに事前アピールが足りないと思います・・・(探し方が悪いだけだったりして)

DSC_E7478.jpg

最初は地味な服が多かったのですが次第に華やかになってきました・・・

IMG_7201.jpg

さすがに本場(!?)だけあってチャイナドレスが多かったです。 横のスリットからチラリと見える生足がイイです・・・ (*゚∀゚)=3ハァハァ

DSC_E7523.jpg

これは接亲(接親:婚姻行事のひとつ)で着る衣装ですね・・・ 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

DSC_E7489.jpg

さて本題。 これまでモーターショーやコスプレ祭りなどに出撃していて今さら何ですが、ファッションショーでD7500のAFをテストしました。 モーターショーやコスプレ祭りでは縦位置メインで撮ることが多いのでAF測距点を端に固定しておけば特に問題は無いのですが、光線が入り混じる中、構図が縦横に激しく変わり寄ったり引いたりを頻繁に繰り返す条件ではどうでしょうか・・・ 

【これまでのAF補足力テストはこちら】

 AF任せで中国高速鉄道を流し撮り
  → https://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2018-04-08
 
 長江をパトロールする鳥さんを撮ってみたら
  → https://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2018-04-08-1

設定は51測距点+C-AFです。 上の赤いドレスの写真や冒頭の写真は大きくトリミングをしているのですが、ズームをワイド側にして人物が小さくなった場合は全然違う場所にピントを合わせているショットが時折混ざります。 ワイド側で思ったところにAFが合わない場合はAF測距点を11点に減らして親指で背面のコントローラをグリグリした方がイイかも知れません。 親指AFを使っている私は諦めるしかないのかな・・・・

DSC_E7394.jpg

上の写真の場合はRGBセンサーは正確に顔を認識していましたがAFエリアから外れてしまったので仕方なく胸の部分にピントを合わせているようです・・・

DSC_7451.jpg

寄って撮影した場合は光源が画面に入ってもAFエリアに顔が入れば正確に合焦します。 某旧機種だと列車の前照灯などの光源が入るとAFは確実に迷走します・・・ 

XDSC_7538.jpg
この構図で3枚撮ったのですが全て後方の壁に合焦しました。  (´Д⊂ヽ

最後に出演者全員がステージにあがりグルリと一周しました。 後で会場に掲げられていたイベント進行表で知ったのですが3日間の日程のうちファッションショーは1回だけの開催でした。 危なかった・・・
前の10件 | -