So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

P&I Shanghai 2017(キヤノンその他) [中国~ふらっと上海]

中国人の皆さんは機材よりモデルさん撮影に熱が入っているような・・・

DSC_1829.jpg
ファインダーを覗くと欲しくなってしまいますので我慢します。

ニコン以外のブースに目を転じます。コチラは日本でもおなじみキヤノンの大砲レンズ体験コーナーですが大砲の光軸は・・・

DSC_1823.jpg

こちらもブライダルスタジオのモデルさんに向けられていました・・・

DSC_2155.jpg

EOSを持つステージのモデルさんもドレス姿です・・・

DSC_2096.jpg

カメラ講義も行われていました。カメラメーカはニコン・キヤノン・SONY・富士フィルムがブースを出していました。それ以外のメーカの機体を持った人はココではあまり見かけないですね。・・・

DSC_1886.jpg
どんなモデルさんなのかは次回公開します。

スタジオライトの体験撮影会です。特殊メイクを施したモデルさんとドレスを着たモデルさんの選択が可能です。ドレスのモデルさんを撮らせてもらいましたがFUJIFILM GFX 50Sの吐き出す5,000万画素の画像にビックリw 欲しくなりましたが後で価格を調べて再度ビックリww  そして画像をノートPCに入れたところ重すぎて3度ビックリwww

DSC_2417.jpg
一番前の人たちは座り込んで撮影をしています。

個人的に一番混雑していたと思ったのが『Nice Foto』のブースでした。何重もの人の壁が生成され近寄るのも困難です。ココでは100ショット近く撃ちました。後で気付きましたが『写真』を英訳するのなら『Foto』ではなく『Photo』ではないでしょうか?社名が根本的に間違っているような気がします。まさか『Nice Photo』という名の会社が既にあって後発の会社が社名をパクった、って事はないですよネ・・・

会場となったSNIECではP&I Shanghaiの他に婚紗撮影機材展覧会と児童撮影機材展覧会が行われていました。『結婚』を軸として撮影機材以外にドレスやアクセサリー、前撮り、フォトフレーム、新居の家財、更には産まれてきた子供の撮影道具などの展示会が催されています。ドレス姿のモデルさんが多いのも納得がいきます。入場する前は半日滞在できたらいい方かなと思っていましたが・・・

      段々と楽しくなってきました。 これは長丁場になりそうです・・・

P&I Shanghai 2017(ニコン) [中国~ふらっと上海]

情報が乏しい中で出かけた上海の撮影機材展ですが色々と凄かったです・・・

DSC_1830.jpg

眠い目をこすって朝6時発の高速鉄道に乗り上海に到着。地下鉄を乗り継いで午前9時に上海新国際博覧中心 (SNIEC)に到着しましたが、まだ早いせいなのか受付は混んでいませんでした。事前登録をした時に送られてきたバーコードをスキャンしてもらい通門証をゲットします・・・

DSC_2389.jpg

この手の写真イベントは地元名古屋で『日本カメラショー』が催された時に時々行っていましたが、ブースに製品が置かれていてスタッフが対面で問い合わせに応じる形だったと思います。しかし会場入口にある富士フィルムのブースではカメラだけではなくモデルさんが展示されておりました。このような情報は無く、いきなり度肝を抜かされます・・・

DSC_1816.jpg

これは何かの間違いだよな、目の錯覚だよね。と気を取り直して隣のニコンブースに足を運びますと気になる新型機D7500がありました。触らせてもらってフィーリングを確認していると欲しくなってきました。「自分の用途ではオーバースペックだし、D5100もまだまだ使えるけど、もう6年落ちだからなあ」などと悶々としているとスタッフさんがあちらで試写してもいいですよと言ってきました。その『あちら』の方に目を向けると・・・

IMG_3301.jpg

ブライダルスタジオがありましたw

n1 DSC_1812.jpg
飾りの中にちゃっかりと『NIKON』の文字が隠れています。

群衆に混じって撮影します。スタジオの裏に『ISO51200体験室』がありました。中に入ると・・・

nn DSC_2258.jpg
ISO6400(D5100の常用最大)でも撮れました。ただし画像の輪郭が崩壊していますがw

暗闇の中に弱いスポットライトを浴びたドレス姿のモデルさんがいました。自分が思っていた撮影機材イベントのイメージとは大きく異なります・・・

IMG_3269.jpg

直販コーナーもありました。

  「俺は金持ちだ。ここで一番高いカメラは何だ?」
  「D5でお値段は5万元(85万円)になります。」←価格の表示がないので推測です。
  「ふーん、思ったより安いな。それをくれ、支払いはカードだ。」
  「XQDカード仕様とCFカード仕様のどちらにされますか?」
  「何だ、二種類あるのか? わからんから両方くれ。」
  「毎度ありがっとさんしたー!!」

(上記の会話はフィクションです。)

実際にはD5が売れたところを見たわけではないのですが、いつ覗いてもお客がいてビックカメラも真っ青になる勢いでカメラやレンズが売れている感じでした・・・

P&I Shanghaiは30年前の日本カメラショーとは全く別物のイベントでした。日本で行われているCP+には行った事が無いのですが同じような感じなのでしょうか? ちなみに会場内では日本人と思われる人は見かけることが出来ずネット情報が乏しいのも納得がいきました・・・

(続きます)

P&I Shanghaiの招待状が送られてきました。 [中国~お散歩]

完全に店員が金額を間違えたと思いました・・・

IMG_1713.jpg

街を散歩していて家電屋にフラリと入ったところカメラコーナがあったので覗いてみたところ、上の表示を見つけてビックリ!! 当時日本で買えば17万円(今は15万円)はするニコンD750が10万円で売られているではないですか。もちろん自分も使いますが帰国の際に2~3台持ち帰って転売すれば小遣い稼ぎになるでしょう。とりあえず検討のためPOP写真を撮り、帰ってから調べてみると画素数が微妙に違うし『D』( ←前回に引き続き、またDネタになってしまいました!! )の位置も前後逆。店員が入力を間違えたとしてもおかしな点が多すぎぎるなあと考えていました。最終的に至った結論が、

        こりゃ、キヤノンEOS Kissの海外仕様だ・・・

まだ中国に来て間もない頃、キヤノンが佳能でニコンが尼康と書くことも全く知らなかった頃の話です・・・

さて本題。そんな佳能も尼康も知らなかった自分が中国で型落ちの尼康D5100(笑)とキットレンズでショボショボと写真を撮っているうちに何やら変な繋がりが出来てしまいました。ある日、自分宛に届けられたDMを開封してみると、

IMG_2845.jpg

P&I Shinghai(上海カメラショー)の招待状が送られてきました。中国で開催されるカメラショーにおいでよ、とご丁寧に案内状まで送られる日本人は滅多にいないでしょう。日本のカメラ雑誌の編集部にも届けられていないかも知れません・・・

IMG_2846.jpg
まずは中国語の解読から始めねばなりません。次のページはチョッと難しかった。

しかし招待状があったとしても会場にすんなりとは入れてもらえません。中国に来て初めてこのような大規模なイベントに行った時は事前登録が必要なことも知らず、会場入口でiPhone片手に色々トライしたものの結局ゴールにたどり着けず、係の人にお願いして頂戴した手書きの申請票に記入して会場に入れてもらった事があります。個人情報は大丈夫かなと思いながら指示された項目を何とか独力で入力して送信すると・・・

IMG_2844.jpg

すぐにバーコードが送られてきました。当日はこのバーコードを会場の窓口に見せれば入場させてくれるはずです。はよ開催日にならないかな・・・

(つづく)

頭文字D in China 【まさかの2nd STAGE】 [中国~お散歩]

1st STAGE:藤原拓海はVWに乗り換えた!?
 → http://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2017-03-12-3

ホテルから3キロ離れた駅まで切符を買いに行った帰り道。10円で乗れる市バスを使えば15分少々で帰れるのですが、特に予定があるわけでもないので徒歩でポクポクと帰ります。途中で電動バイク屋が集結しているエリアがあり、何気なく店先に停められている車体を見てみると・・・

IMG_3014.jpg

   中国のアナザーワールドでは拓海は電動バイクも所有している模様ですw

Re:ゼロから始める中国生活←チョッと違う [中国~ふらっと上海]

前回は日本人なら知っているキャラのネタでしたが、今回は一部限定の方向け・・・

IMG_2362.jpg
日本の店舗と変わらない!?

2ヶ月ほど前に所用で上海に出掛けた時にアニメイトに行ってきました。アニメイトは日本では『オタクの店』なのですが、上海では女性情報誌なども扱っておりました・・・

IMG_2360.jpg
祝実写映画化!!

真面目な書籍も揃っていますがビニール袋に付けられている値段は日本で買う価格の2倍程度になります。仕事柄、輸送費や関税費用が掛かるのは分かりますがチョッとボッタくり気味です・・・

品揃えをみると中国では何が人気なのかある程度掴むことが出来ます。現時点で断トツの人気なのは、

IMG_2361.jpg

Re:ゼロから始める異世界生活のようですね・・・

IMG_3013.jpg

自分が住む田舎町のブックスタンドにも非公認のグッズが売られていました・・・

IMG_2363.jpg

ヒロインのねんどろいどの予約価格は日本円換算で5,200円程度でした。日本で予約すると4,500円近辺のようですが書籍と違って日中の価格差が小さいのは中国の工場で生産しているからでしょうネ・・・

さて本題。家族と一緒に豫園を回っていると、これまで行った事が無い路地にアニメショップがあるのを発見しました。息子と一緒に突撃した時に発見したのがコレ、

DSC_1297n.jpg

Re:ゼロのトランプ、日本円換算で300円也・・・

DSC_1300.jpg

こういったバチモンや日本製品が高値で売られている光景を目にすると、

 何かイイ副業のネタを見過ごしているのではないかと気が気ではありません・・・ 

実は今回のタイトルはアニメが放送されていた頃に思いついたのですが絡めるネタがなくて1年間お蔵入りの状態でしたw

酷MA萌(くまモン) in China [中国~ふらっと上海]

本場熊本 → http://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2015-10-24

上海を経由して入出国を行う時や日本からの出張者を出迎えに行く時など時間が余ると豫園をフラフラ回っていましたが・・・

IMG_2966.jpg

妻と一緒に回っていると視点が異なり、普段見逃していた光景に気付かされたりしました。上の写真は妻が気にしていた花文字屋。『35元/枚』の表示が出ていたので一枚書いてもらい、代金を払う時になると「違う違う、これは別の商品の価格。実はコレは百元なの、表示もなく言うのが遅くなってゴメン」と流暢な英語で言ってきて観光客を騙すのに慣れ切っているパターン。確かに『その場で描く肖像画 35元/枚』と書いてあり見逃したと言えばそうなのですが・・・

単独で豫園を回っている時には怪しい客引きに声を掛けられることは殆どないのですが、今回はやたら声を掛けられて、

      ああ、家族と一緒だとおのぼりさんにみられているんだなw 

と痛感しました・・・

さて、上海(とは言っても極狭い範囲)をウロウロしていた妻が「上海はくまモンが多いネ」と言ってきました。確かに本場熊本ほどではないのですが、くまモン人気は相当のものです。以下中国で目にした光景です・・・

IMG_2250.jpg

くまモンのクレーンゲームは良く見かけます。人形のクオリテイーは低いです・・・

IMG_2745.jpg
利用許諾申請はしてあるみたいです。

上海の外灘(十六舖)に熊本料理の店ができるみたいです・・・

IMG_1160.jpg

地元のデパートをウロウロしていたら遭遇しました・・・

IMG_2840.jpg

日本から輸入されたくまモンのそうめん。日本円で510円ほど・・・

他にもくまモンのステッカーを貼ったバイク等も目にしました。先日秘書娘がスーツケースに被せるカバーを入手したといったので見せてもらうとくまモンがプリントされていました・・・

IMG_3173.jpg

           中国にいるという実感が無くなります・・・  

中国のホテル [中国~ふらっと上海]

払っている値段が値段なので良いのは当然かも・・・

IMG_1081.jpg

ロビーにウエルカムワインがあった広州ホテル。ウェルカムドリンクは知っていたけどワインは知らなかった・・・

IMG_1058.jpg

外から丸見えの成都のホテルの浴槽。男なのに恥ずかしくて入れませんでした・・・

IMG_2961.jpg
日本円に換算して一泊9,500円 妻達の部屋はアップグレード!!  Σ(=ω= ;)

ホテル選びに関していえば、日本の旅行サイトで探すよりも中国のサイトで探した方が圧倒的に有利です。 今回のホテルを自力で探していましたが割高なくせにキャンセル不可といった条件ばかりで何ともならんと秘書娘に泣きつくとあっさり好条件のホテルを探し出してくれました・・・

上海ディズニーランド [中国~ふらっと上海]

夢の世界から頻繁に現実の世界に戻されましたw

DSC_1170.jpg

家族が訪中して2日目は上海ディズニーランドへ行きました。朝方は天気が悪かったのですが日中は良い天気になりました・・・

DSC_1088.jpg

HPで案内されたオープンの時間は8時ですが、7時過ぎに到着したところ既にゲートが開いていましたので慌てて窓口でパスポートを入手します。事前にWebでの申し込みが必要で、お値段は土日休日入園の場合は正規に買うと499元(約8,000円)もするため全然夢の社会じゃありません。日本で散々叩かれているレゴランドの入場料の方が遥かに良心的に感じられますw

入場前のセキュリティーチェックはカバンの底の方まで調べられるほど厳しいです。カップ麺や袋に入れたミニトマトを持込しようとしている人がおり驚きました。(←パスした模様)

DSC_1210.jpg
この後にドナルドダックが通過しました。

何とか無傷で入園ゲートを通過するコトができ一安心、時折キャラクターが自転車に牽かれたリアカーに乗せられ園内を引きずり回されている光景を見ると心がほぐれます。アトラクションは最新の技術で設計/リファインされておりTDLのアトラクションが古臭く感じたのも事実です。個人的にはお気に入りの『スターツアーズ』の最新版があれば良かったのですが・・・

DSC_1246.jpg
プーさんのアトラクションにて。なぜ『 fin 』でなく『 完 』なのか・・・

が、アトラクションに並んでいる時などに頻繁に現実の社会に戻されます。中国の社会に慣れていない家族の瞳孔が開いた瞬間をご紹介します・・・

DSC_1248.jpg
アナと雪の女王のステージ 収容量は半端ないです(驚)

システム不具合によるアトラクションの停止(バズとプーさんと水浸しで体験)
 これはTDLでもありますね。順番待ちの列が動かなくなるのでわかります。
 でもおわび(と思われる)の説明が当然中国語なので理解不能w

・割り込み、追い越しが頻発!!  
 「高い料金を払っているのだから一つでも多く乗りたいじゃないか」←何ソレ!?

・待ち時間に食したリンゴの芯等の食べ物のカス・包装紙のポイ捨て

・我慢できない子供おしっこ 
 待ち時間70分のプーさんにて遭遇。所々に水溜りがあるのはそういうコトなのか!!

・水浸しになるアトラクションでゴミ箱に棄てられた使用済みのカッパを拾って再利用
 一度は棄てたモノなので、目くじらを立ててはいけないかなと思うのですが
 
・明らかに正規キャストではない部外者の物売り
 地下鉄の車内から既に出没しています。ノルマがあるのか帰りの11号線の車内では、
 「おまえら買わんか、ばかやろー(推測)」と乗客に絡んでいました。(唖然)  

あとパークがチョッと狭いかな。こちらについては浦東地区の土地が死ぬほど余っているのと、割高でも入場料がガボガボ入ってくるので今後拡張されていくと思いますが・・・

DSC_1283.jpg

それでも何とか閉園間近の花火まで見ることが出来ました・・・

さて問題はこれから、

ディズニーランドまで地下鉄を使用しましたが、往路の段階で輸送量が飽和状態に近いのではないかと感じていました。悪い予感が見事に的中し帰りの地下鉄は戦場でした。上海地下鉄16号線の終着駅龍陽路(とんちゃんるー ← としか聞こえない)では降客を押しのけて乗客が必死の表情で乗り込んでくる異常とも思える光景を見て、普段は口数が少ない息子がポツリ、

           こいつら狂ってる・・・

自分も中国に来た最初の頃はそう思っていたっけ。随分脳みそが汚染されてきましたw

上海环球金融中心(上海ヒルズ) [中国~ふらっと上海]

地下鉄の陸家嘴駅を出ると残念そうな表情をした人がゾロゾロいました・・・

IMG_2870.jpg
一部の人は楽しそうですが。

上海自慢の高層ビル群がすっぽり雲をかぶっています・・・

IMG_2872.jpg
写真中央左の建物が行こうとしていた上海环球金融中心(上海ヒルズ)です。

今日から妻たちが二泊三日で中国に来ています。最初に上海环球金融中心の展望台に行く予定でしたが、残念ながら今日の天気は終日雨の予報です。後から聞いた話ですが激しい雷雨のため航空ダイヤがボロボロだったそうです。こんな天気では展望台に行っても仕方がないので予定を変更して豫園周辺の怪しい店を見て回ります・・・

豫園で夕食を食べて徒歩で外灘に向かいますが、幸いなことに豫園にいる間に雨が止みました。天気が悪いせいか観光客の数も普段より圧倒的に少ないです。次の計画では観光船に乗る予定でしたが、いつもなら観光歩道に軽ワゴン車のような観光船の切符を売る出張販売所が停まっているのですが本日は一台もありません。常設販売所のおばちゃんに「切符はあるか?」と聞いてみると不機嫌そうに「沒有(ないよ)」と返されました。様子を見てみると他の観光客も追い返されているようです(ヒドイ言い方ですがホントにそんな感じ、日本なら絶対に通報レベルです !!)・・・

DSC_1016n.jpg

時間は午後7時前、仕方なく観光歩道に連れていきますが雲が低く立ち込めておりカメラを取り出す気にもなりません。それでも妻たちは雲がかかった高層ビル群を「きれーい!!」と言いながら写真を撮ったり変化するネオンを眺めたりして楽しそうなのが救われます。そんな状態が30分ほど続いたところで次第に雲が薄くなって高層ビル群の全容が見えるようになってきました・・・

             これはキセキ発動か!! 

今回の旅行で初めてカメラを取り出して(これまではガイドということでiPhoneのみで撮影)撮っていると次第に欲が出てきました。「一か八か川を渡って上海环球金融中心の近くまで行ってみない?」との提案に家族全員賛同。そうと決まれば目の前から出る渡し船に乗ってショートカットで対岸に渡ります。前回の下見の時(http://kyoumozangyo.blog.so-net.ne.jp/2017-05-23)にルート確認も兼ねて渡し舟に乗っておいて良かった・・・

IMG_2929.jpg

外灘を出発して30分後に観光客用の入り口に到着しました。ここからはギャンブルになります。何せ展望台の入場料は1人180元(約3,000円 ちなみに外国人でも学割ができますが学生証の提示が必要です。)、コケたら目もあてられません。さてエレベーターに乗って展望台に上りますと・・・

DSC_1041.jpg
雲が薄い絵もあるのですが、『魔都』の雰囲気が出ているのでこちらを採用。

このような景色が足元に広がりました・・・

DSC_1055.jpg

時折雲が掛かりますが、この程度なら良いアクセントになります・・・

DSC_1042.jpg

昨年行った東方明珠塔が足元に見えます。地上高474メートルというのは凄い高さだと実感します・・・

DSC_1065.jpg

展望台内の光景です。眺望を確保するため照明が極力抑えられています。意外だったのは武装した夜景写真愛好家がゾロゾロいたのと、どうやって来たのか蝶が窓ガラスの外側に貼り付いていました・・・

DSC_1072.jpg

今回の旅行の話が出たときに「展望台にも登りたい」と言ったのは妻ですが、実は大変な高所恐怖症です。空気を読み取り早々に展望台から撤収しお土産屋を物色します・・・

DSC_1081.jpg

約50分の滞在でしたが、再び大地を踏んだ時は上空は雲に覆われていました・・・

自分勝手もココまできた!! [中国~日常生活]

これは『中国~日常生活のカテゴリー』に入れていいものなのでしょうか?

IMG_2978.jpg
事件現場 ゴミ置き場は最近まで無かった気がします。事件を受けて急に作った!?

お年寄りがアクセルとブレーキを踏み間違えて店舗に突っ込むという『事故』はしばしば発生しますが、中国のローソンで「車を駐車させる時間がもったいない」と車ごとコンビニに入店するという『事件』が発生しました・・・

相変わらず自分中心で滅茶苦茶だなと思いながら、ニュース記事を呼んでいくと発生場所は自分が住む田舎町。店舗内のレイアウトも見覚えがあるようなないような。(←近所にはローソンが3店あるのですが自動ドアの有無や店内のレイアウトは全て違うのです。)恐る恐る秘書娘に聞いてみると、「八百伴そばのローソンで発生した、ココでは結構有名な事件ですよ」との返答・・・

    できれば自分が買い物をしているときに来店してほしかったw
前の10件 | -